古銭を管理する上で大切な、古銭の手入れと保管方法

先祖代々受け継がれている古銭や趣味で買い集めた古銭など、自宅に古銭があると言う人も少なくありません。もっといえば、知らない間にタンスに眠っていた古銭が見つかったと言う経験を持っている人もいれれば、もっと多くの人が古銭を持っている事と思います。そんな、古銭において、重要なのが手入れと保管方法です。では、どのように手入れと管理を行えば良いのでしょうか。

古銭の一般的な手入れ方法

女性

古銭の場合、長年の汚れが付着している事は少なくありません。では、そのような汚れはどのように除去すれば良いのでしょうか。

例えば、お酢を使った手入れ方法です。お酢の酸性の力を利用し、古銭をピカピカに磨く方法。この方法は、もっとも簡単にできる方法で、タオルなどにお酢を染み込ませ古銭を拭けば、あっという間にピカピカにする事ができます。その他にも、重曹でも同じ効果を得る事ができます。

また、歯磨き粉やクレンザーを使って磨くと言う方法もあります。どちらも研磨剤を含んでいる為、歯ブラシなどに付けて磨く事で、汚れを削り落とし、きれいに汚れを落とす事ができます。その他にも、酸素系漂白剤などを利用し、古銭の手入れを行う人もいます。

どの方法も、身近なものを使って行う事ができるため、今あるもので古銭の手入れを行う事は十分に可能です。ただし、クレンザーなどは古銭に傷が付いてしまう可能性もある為、必ず確認しながら進める必要があります。

古銭の手入れには注意が必要!

ビックリマーク

何でもきれいな方が良いと思い、古銭の手入れを行う事は危険です。古銭の場合、手入れを行う事で、価値が大きく下がってしまう事があります。

古銭は、自然の経年劣化があってこそ価値が出るものと言えます。その為、薬剤などを使ってきれいにしてしまうとその価値がなくなってしまうのです。もちろん、これは、古銭を売却する事を考えた場合の価値となります。

その為、今後、売却の予定などなく、自分自身のコレクションとして、きれいな古銭を持っておきたいと思う場合は、しっかりとクレンジングすると良いかと思います。見違えるほどピカピカになり気持ちよく飾る事ができることは間違いありません。

反対に少しでも、売却する可能性がある古銭は、是非、何もせずにそのままの状態で持ち続けてください。そうする事で、より深い味わいが出てきて、価値がどんどん上がっていく可能性があります。ほこりなどが気になる場合は、ブラシなどでさっとはらってあげると良いかと思います。言い換えれば、その程度のお手入れで十分だと言う事になります。

古銭の管理方法

古銭

では、次に古銭はどのように管理すれば良いのでしょうか。少しでも価値を下げずに古銭を管理したい場合は、以下の事に注意し管理しなければいけません。

まずは、空気に触れさせないと言うことです。古銭には金・銀・銅・鉄・ニッケルなどの素材が使われています。これらの素材は、空気に触れると酸化します。また、錆びなどの原因になる可能性もある為、出来るだけ空気に触れる事がないように密閉容器に保管する事をお勧めします。

次に直射日光を避けた状態で保管します。これは、直射日光による変色を防ぐためとなります。その上で、古銭に触れる際は、必ず素手ではなく手袋などを使用します。素手には、皮脂など目に見えないものがたくさん付いています。そんな素手で古銭を触ってしまうと変色してしまう可能性が高くなります。

また、出来れば、コインホルダーなどで保管する事で、これらすべてを防ぐ事が可能になってきます。その為、特にお気に入りの古銭や価値のある古銭などは、コインホルダーなど専用のものを使って保管してみてはいかがでしょうか。

専用の古銭保管道具

女性

古銭を少しでも良い状態で保管する際に必要になるのが、コインホルダーなどの保管道具となります。

複数枚を保存するならコインフリーアルバムやペーパーコインホルダーなどがお勧めで専門店の他、通販などでも手軽に購入する事が可能です。また、特別な古銭やあまり数多くの古銭を持っていないと言う場合は、スラブ型ケースを利用する事で、単品の古銭を十分な状態で保管する事が可能になっています。これに関しても、手軽に購入する事は可能です。

反対に古銭をあまりにも多く持ちすぎて、これらの古銭保管道具にすべての古銭を収納する事ができないと言う人には、ジップ付きビニールや写真用のアルバムを利用する事をお勧めします。ジップ付きビニールなら、手軽にしかも、安く購入する事ができ、一定の密封効果を得る事が可能になっています。

その為、多くの古銭を保管するには、とても便利なものになっていると思います。その際は、出来るだけ、古銭同士がぶつからない工夫をすると安心です。

まとめ

以上が古銭を管理する上で大切な、古銭の手入れと保管方法となります。一見、きれいな方が良いと思われる古銭ですが、それは大きな間違いであると言うことを頭に入れ、その事を思いながら管理する事が大切です。また、今の状態がベストだと思い、今以上に酸化などが起こらないように注意し、保管し続けるようにしてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 古銭の種類とその価値について

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。